遠い日の夢は生死の境での脳のいたずらだったのか

*

遠い日の夢は生死の境での脳のいたずらだったのか

b888
がまだ中二の頃の夏休み、友達4人で釣りに行った帰り、
突然大雨が降り出した。

俺達4人は周辺の木で雨宿りをしようと、
近くの大木に駆け寄ったんだ。

すると、突然、雷が俺達の木に落ちたんだ。

一瞬の出来事に俺はしばらく何が起こったか理解出来なかった。

だが、俺はすぐにある異変に気付いた。

【友達が居ない】

それと、もう一つ祭の出店でよく出ている金魚すくいが、
俺の目の前に現れた。

『金魚すくいをやっていかないかい』

屋台にいる親父が俺に話し掛けてきた。

俺はここが、現世(?)では無いほかの空間であることを感じとった。

「いくらですか」

自分でも何故こんな質問したのか分からない。

『一回やる毎に、君の寿命一年分を頂こうかな』

まぁ、ありがちなパターンだ。

俺は屋台の方に歩いていき、水槽の中を覗いてみた。

すると、そこには、友だち3人の顔をした金魚が力無く泳いでいた・・・・

『友達を助けたいんだよね』

俺はこの世界での役割を悟った。

「網を・・・・下さい」

『はい、一年分ね』

自慢では無いが、俺は結構器用で、
こういう神経を使う作業は得意な方だ。

『さぁ、この網が君の最後の網(寿命)だ』

これで、決めなければ!!コイツだけは文字通り
【命に代えて】でも、救ってみせる!!

すると、明らかに今までとは違い、簡単に救うことができた。

「やったッ・・・・」

俺はそこで、意識を失った>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

い、起きろ!」
「死なないでくれぇ!」
「今、近くの家の人を呼んできたよ」

「ん・・・・お、お前ら、生きてたのか!!」

「まぁ、俺達も皆30分位前に目を覚ましたんだが、
 お前だけ中々起きなくて・・・・」

嬉しい、涙が溢れ出す。

「あぁ・・・・そうかぁ、
 お前らが生きてて良かった、本当に良かった」

でも、何で俺も生きてるんだろう…。
寿命は全部使いきったはずだけど。

まぁ、夢…だったんだろうか。

現実と夢の境目、というか生と死の境目で見た幻想なのか。

非常時に脳のいたずらが見せる幻だったのかもしれない。

でも、今でも、鮮明に覚えてるな・・・・あの親父と屋台を。

そして、どこか遠くから聞こえてきた親父の包み込むような声を。

『君はよく頑張ったね、金魚を一匹おまけしよう』

2ちゃんねる掲示板より

シェアする

人気記事ランキング

no image
[エロ話まとめ]アソコにも指を入れてきて 立ったまま何度もイカされて・・

私は20歳の大学生。胸はみんなからデカいと言われていてEカップです。身

no image
[アダルト体験談]おちんちんが好き!堅いから好き!

1人暮らしの俺の部屋で、バイトで知り合った彼女、フリーターの典子と同棲

no image
【小6の女の子が112キロ!?】すごいピッチャーが現れた!

大きく振りかぶった左腕からは、 112キロの直球。 小学6年生の女子が

no image
【大迫、ハンパないって!】これが始まり フルバージョン

サッカーW杯、対コロンビア勝利の余韻さめやらぬ中、 「大迫、ハンパない

no image
【「自殺」一転「殺人事件」】逮捕前の姉が語ったこと

当初、自殺とみられていた男性の死は 一転して殺人事件となりました。 大

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑