【福岡市人権尊重週間】人権啓発テレビCM「落とし物」篇

*

【福岡市人権尊重週間】人権啓発テレビCM「落とし物」篇

がいを持つ人も健常者も、
等しく社会の一員です。

日常的なバスの中、ありがちな場面を用いて、
お互いに気づいたらともに支え合う、
というメッセージを伝えています。

昔、小さな親切運動とかありました。
小さな親切、大きなお世話とも呼ばれました。

でも知らんぷりを決め込むよりも、
不自由な人がいたら、自分の気持ちに素直になって、
小さなひと声、小さな手助けをやってみる。

そんな積み重ねが、心地よい社会を作り出すのではないかと思います。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
大学のテスト勉強中に・・・

やっと大学のテストが終わったんです。疲れました。でも、おととい、とても

no image
3人の奥様

もう、10年以上前の話です。その頃、僕は19歳でした。ある日、車を車庫

no image
イカ臭いの?栗の花の臭い?

中学2年の夏、アフォ友達数名と放課後の教室でダラダラしてたときのこと。

no image
エロ漫画を真似て姉と・・・

幼稚園時代の話ですが書かせてもらいます。僕には2歳上の姉がいるのですが

no image
剣道部の合宿で彼女の処女を奪われた俺

高校の時の話ですが、私は剣道部に入っていました。一年の時に同じ剣道部の

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑