【福岡市人権尊重週間】人権啓発テレビCM「落とし物」篇

*

【福岡市人権尊重週間】人権啓発テレビCM「落とし物」篇

がいを持つ人も健常者も、
等しく社会の一員です。

日常的なバスの中、ありがちな場面を用いて、
お互いに気づいたらともに支え合う、
というメッセージを伝えています。

昔、小さな親切運動とかありました。
小さな親切、大きなお世話とも呼ばれました。

でも知らんぷりを決め込むよりも、
不自由な人がいたら、自分の気持ちに素直になって、
小さなひと声、小さな手助けをやってみる。

そんな積み重ねが、心地よい社会を作り出すのではないかと思います。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
アニキィ・・私を先にイカせて….

カミさんが子供産んで実家に帰ってる時、カミさんの妹と・・・・した事は有

no image
舌をぐるぐるって動かしてみて…

アルバイトで同僚の絵美(高1)に告白された俺(大学生22歳)。実は女の

no image
【突風に吹かれても】すぐに整列、カルガモ親子

突風でバラバラに吹き飛ばされても、 すぐに態勢を立て直し整列して 歩み

no image
【ずっこけ警察犬「きな子」銅像】除幕式には子や孫も

ひたむきに頑張る姿が人気となった警察犬「きな子」。 銅像のお披露目に大

no image
クラスでいちばん可愛い子のオ×コに俺のチ∇ポが・・

携帯電話もCDも無かった昔…高2の俺は友達の彼女と初体験をした。友達を

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑