【武勇伝】俺のクラスでシャーペンの芯が通貨になった話

*

【武勇伝】俺のクラスでシャーペンの芯が通貨になった話

gah10
中1の二学期あたりからの話

俺の通っていた中学はトランプまでなら持ち込みOKで

よく休み時間、昼休みに大富豪なんかで遊んでいたんだ

そんなある日、大分普通の大富豪も飽きてきて何か新しい刺激がほしいとみんな考えていた

そこでシャーペンの芯を賭けるということになった

金はまずいからとシャーペンの芯を賭けたのだが

この出来事が後のこのクラスに多大な影響を与えることはまだ知る由もなかった

賭け方は始めに一本参加料を払い

一位が総取りするというもの、ただし二位は参加料が戻ってくる

●コメント
アホの極みだな。嫌いじゃない。

■俺
初めはこんな感じでやってたんだが

このルールだと一位がほぼ毎回一位になるということとで二回戦ができない

二回戦をやらないなら三位以降を決める必要がない

などと問題が出てきた

そこで一位は参加料を二倍払うだとか最下位は次一位になったらボーナスがあるだとか

色々細かいルールが決まっていった

シェアする

人気記事ランキング

no image
【映画 サクラ花 桜花最期の特攻】予告編

最近、ご近所の国からの不本意な中傷などに対し、 わが国民からも勇ましい

no image
【めぞん一刻】管理人さん、今頃どこでどうしてる?

「めぞん一刻」は、アニメ、実写版映画などへと展開し、 結構、人気を博し

no image
私がイクまでイッちゃだめだよ・・

必然的にオレも妻に構いたくなるし、今日だって営業の最中、昼飯を食べに家

no image
【292kg 大露羅】土俵に上がるまでが大変でした。

ロシアから来日し、00年春場所で初土俵を踏んでから18年。 巨漢の大露

no image
【292kg 大露羅】土俵に上がるまでが大変でした。

ロシアから来日し、00年春場所で初土俵を踏んでから18年。 巨漢の大露

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑