【ノーサイド】平尾誠二さんの雄姿がまだ心に残ります

*

【ノーサイド】平尾誠二さんの雄姿がまだ心に残ります

年53歳の若さで亡くなった平尾誠二さん。

華麗なるステップとパスワークで観客を魅了し、
一時代を築いたラグビー界のレジェンドでした。

この人を偲ぶ歌として、
ユーミンの「ノーサイド」はよく似合います。

試合前は、二つの「サイド」に分かれて、
両者が雌雄を決し戦います。

しかし、試合が終わると、その「サイド」はなくなり、
ひとつになります。

それで、ラグビーの試合終了のことを「ノーサイド」と言います。

「ノーサイド」という言葉の美しさは、
おそらく今は天上のノーサイドにいる平尾さんと重なり、
胸に沁みてきます>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
私が部屋に行かなかったら妻は二人に襲われていたかもしれません…

私の妻が友人の結婚式に行った時の話。受付を頼まれたと言っていたが、着替

no image
【映画・少年時代】予告編

戦前の少年たちが、ぶつかり合い、 またそこから友情を温めあいながら 成

no image
奥さんを四つん這いにさせ最後の1人が後ろからガンガン腰を振っていました…

先月とある変態夫婦が主催するオフ会に行ってきました。この夫婦は、時々ネ

no image
もっと…もっとスケベなこと言ってえ〜

「あぁ…お客さん、早く入れてぇ〜子種を、子種を出してぇ〜」女将は自ら太

no image
病院でピルをもらってきたからたくさん中に出して・・

俺は前の会社から独立した形で、基本的には自宅のマンションの一室を仕事場

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑