【海ゆかば】なぜか日本人の胸に迫る

*

【海ゆかば】なぜか日本人の胸に迫る

ゆかば」は、太平洋戦争期、
ラジオ放送の戦果発表(大本営発表)が玉砕を伝える際に、
必ず冒頭曲として流されました。

そんな使われ方をしたので、
戦後の一時期は、批判されたり冷遇されたりもしました。

しかし、歌そのものは、何か日本人の郷愁に触れるものがあります。

もともとの歌詞は、
万葉集のうち大伴家持の長歌から
一分を抜粋したものです。

「海を行けば、水に漬かった屍となり、
 山を行けば、草の生す屍となって、
 大君のお足元にこそ死のう。
 後ろを振り返ることはしない」

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
ピンクのビンビンに勃起した乳首を舐めるのと同時に・・

3年程前、まだ羽振りがよかった頃の話。 某有名温泉地に出張に来たオレは

no image
このままでは離れられないので中に出してしまう…

俺が勤めている会社には最高級なお尻を持つ四十路のおばさんがいる。この四

no image
【巨額横領】会社の金で女は何を満たそうとしたのか?

56歳の女は会社の金を横領し、高級ブランドのバッグを 大量に買い込むな

no image
【留置場の警官アダルト画像見ていた】富田林署逃走事件

大阪府警富田林署から男が逃走した事件で、 当時、留置場で勤務していた巡

no image
最近ではかなり変態めいたこともしています….

オフィスで机をならべている奈津美と最近、深い関係になりました。奈津美は

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑