【海ゆかば】なぜか日本人の胸に迫る

*

【海ゆかば】なぜか日本人の胸に迫る

ゆかば」は、太平洋戦争期、
ラジオ放送の戦果発表(大本営発表)が玉砕を伝える際に、
必ず冒頭曲として流されました。

そんな使われ方をしたので、
戦後の一時期は、批判されたり冷遇されたりもしました。

しかし、歌そのものは、何か日本人の郷愁に触れるものがあります。

もともとの歌詞は、
万葉集のうち大伴家持の長歌から
一分を抜粋したものです。

「海を行けば、水に漬かった屍となり、
 山を行けば、草の生す屍となって、
 大君のお足元にこそ死のう。
 後ろを振り返ることはしない」

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
私が部屋に行かなかったら妻は二人に襲われていたかもしれません…

私の妻が友人の結婚式に行った時の話。受付を頼まれたと言っていたが、着替

no image
【映画・少年時代】予告編

戦前の少年たちが、ぶつかり合い、 またそこから友情を温めあいながら 成

no image
奥さんを四つん這いにさせ最後の1人が後ろからガンガン腰を振っていました…

先月とある変態夫婦が主催するオフ会に行ってきました。この夫婦は、時々ネ

no image
もっと…もっとスケベなこと言ってえ〜

「あぁ…お客さん、早く入れてぇ〜子種を、子種を出してぇ〜」女将は自ら太

no image
病院でピルをもらってきたからたくさん中に出して・・

俺は前の会社から独立した形で、基本的には自宅のマンションの一室を仕事場

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑