【海ゆかば】なぜか日本人の胸に迫る

*

【海ゆかば】なぜか日本人の胸に迫る

ゆかば」は、太平洋戦争期、
ラジオ放送の戦果発表(大本営発表)が玉砕を伝える際に、
必ず冒頭曲として流されました。

そんな使われ方をしたので、
戦後の一時期は、批判されたり冷遇されたりもしました。

しかし、歌そのものは、何か日本人の郷愁に触れるものがあります。

もともとの歌詞は、
万葉集のうち大伴家持の長歌から
一分を抜粋したものです。

「海を行けば、水に漬かった屍となり、
 山を行けば、草の生す屍となって、
 大君のお足元にこそ死のう。
 後ろを振り返ることはしない」

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
【リーグ優勝の西武、辻監督】日本シリーズ進出ならず《号泣》

プロ野球、今季パリーグでのリーグ優勝を果たしたものの、 クライマックス

no image
[アダルト体験]今日は危ないから出来たら責任とってよね…

先日、中学のクラス会が有り、久しぶりに出席した。バツ1の私は何も気にす

no image
[エロ体験]友達が横から彼女の胸を揉んで・・ 

前日に友達の彼女が体調悪くなっていけないとの連絡がありました でも買い

no image
【まるでぬいぐるみ? 】子馬の「そらまめ」が人気

長野県佐久市の牧場で、 ひときわ小さなミニチュアホースの赤ちゃんが生ま

no image
【4歳の天才ピアノ少年】鮮やかに踊る鍵盤上の指

多くの情報は明らかでありませんが、 この4歳の少年は香港生まれとのこと

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑