【海ゆかば】なぜか日本人の胸に迫る

*

【海ゆかば】なぜか日本人の胸に迫る

ゆかば」は、太平洋戦争期、
ラジオ放送の戦果発表(大本営発表)が玉砕を伝える際に、
必ず冒頭曲として流されました。

そんな使われ方をしたので、
戦後の一時期は、批判されたり冷遇されたりもしました。

しかし、歌そのものは、何か日本人の郷愁に触れるものがあります。

もともとの歌詞は、
万葉集のうち大伴家持の長歌から
一分を抜粋したものです。

「海を行けば、水に漬かった屍となり、
 山を行けば、草の生す屍となって、
 大君のお足元にこそ死のう。
 後ろを振り返ることはしない」

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
【鑑賞中に殴られた女性】美術館の対応に更にショック

絵画の鑑賞中に漫画家の女性が 別の客から殴られたという問題で、 美術館

no image
【鑑賞中に殴られた女性】美術館の対応に更にショック

絵画の鑑賞中に漫画家の女性が 別の客から殴られたという問題で、 美術館

no image
【飯森容疑者の人物像は】父親コメント「捜査に協力」

大阪府吹田市の交番で警察官が刺されて 拳銃が奪われた事件で、33歳の男

no image
合コンで告白されて・・・

実は先週の土曜日から日曜日にかけて、ひさびさにエッチしてきました。お相

no image
サークル合宿で恥ずかしい体験

もう8年ほど前のサークルの合宿で。最初みんなで飲んでたんですが、途中で

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑