【衝撃】バツイチで実家に戻ってきた嫁妹。その後嫁親の病死でウチで同居することになった。嫁妹から性的アピールと接触があったがなんとか抑えていたものの、感情を抑えきれずに嫁不在の時に一線を越えた。嫁は気付いたが修羅場にはならずそのまま同居継続中

*

【衝撃】バツイチで実家に戻ってきた嫁妹。その後嫁親の病死でウチで同居することになった。嫁妹から性的アピールと接触があったがなんとか抑えていたものの、感情を抑えきれずに嫁不在の時に一線を越えた。嫁は気付いたが修羅場にはならずそのまま同居継続中

apo100

開始当時の状況。(後で書くが今は違う)
俺29。一人っ子、両親死別。
嫁29。2人姉妹、両親死別。
嫁妹27、小梨バツイチ、不妊でイビラレまくって離婚。

嫁実家にいた嫁妹が、義親の病死で、ウチに同居。
元々姉妹仲は良く、泊まることも多く、義妹離婚の際に同居しそうになったのを阻止していた。

以前から、嫁妹からは性的なアピールと接触はあった(酔って寝ている私に対して)。
身内が誰もいなくなったことによる嫁の妹ちゃん可哀想感情を抑えきれず、同居。
嫁の夜勤の間に、一線超える。
嫁気づくが、修羅場にはならず。そのまま同居継続。

色々とルールはあった。

シェアする

人気記事ランキング

no image
[アダルト体験]男根欲しさにパンティーの股間の部分を大樹の男根に擦り付けています

10代の少年達は、1ケ月もすると妻の体に飽きてきたのでしょう。いくら若

no image
【白洲次郎】名言19選

白洲次郎。 戦後、多くのエライ人が挫折し、 進駐軍に対し卑屈になる中、

no image
【白洲次郎】名言19選

白洲次郎。 戦後、多くのエライ人が挫折し、 進駐軍に対し卑屈になる中、

no image
【昔の大金持ちのやることときたら】大倉財閥創業者

昔の財閥は、一般庶民とは 暮らしのスケールがかけ離れていました。 ホテ

no image
【昔の大金持ちのやることときたら】大倉財閥創業者

昔の財閥は、一般庶民とは 暮らしのスケールがかけ離れていました。 ホテ

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑