【壮絶すぎる復讐】友人に「結婚式の参列者として親・親戚を演じてくれないか?彼女の家柄が厳しいんだけど、親は他界してるし困ってるんだ」と頼まれ、主催する劇団員皆で引き受けることに。ところが友人の本当の目的はそんなことじゃなかった

*

【壮絶すぎる復讐】友人に「結婚式の参列者として親・親戚を演じてくれないか?彼女の家柄が厳しいんだけど、親は他界してるし困ってるんだ」と頼まれ、主催する劇団員皆で引き受けることに。ところが友人の本当の目的はそんなことじゃなかった

vds10

復讐というか、昨日ママ友さん夫婦から聞いた話なんだけど・・

ママ友ダンナさんは、元劇団主催者さん。

大学時代から営んでいて、お約束ビンボー劇団(本人談)で片っ端から

様々なバイトをこなしては運営費を賄っていたんだそう。

幾つか舞台もできるようになった頃、大学時代の友人の一人がやってきて

『結婚したいけど、親は他界している。彼女の家柄が厳しいので“後見人”

みたいな役で彼女の家に許可を貰いに一緒に行ってくれないか?』と。

初めての舞台の時に花を贈ってもらったり、その彼が嫌いではなかったから

ママ友ダンナさんは2つ返事で引き受けた。

舞台で培ったメイクの手助けもあって、彼は無事婚約できた。

それから3年後、やっと『式を挙げるから、悪いけどまた頼まれて

欲しい』と連絡。

今度は後見人役だけでなく、親戚縁者役も含めての依頼。

劇団員皆で、その役目を果たすべく衣装もレンタルしたりして式当日

出向いたらしいんだけど・・・ママ友ダンナさん、ここで初めて彼の

本当の目的を知った!

シェアする

人気記事ランキング

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑