【浮気】私は年収1000万ほどある会社経営者でお金には困っていないけれど、妻が節約するというので了承した。出来た妻だと思っていた。しかし妻の節約というのは度を越えたもので、さらに節約した金の行方は…。

*

【浮気】私は年収1000万ほどある会社経営者でお金には困っていないけれど、妻が節約するというので了承した。出来た妻だと思っていた。しかし妻の節約というのは度を越えたもので、さらに節約した金の行方は…。

mzm100

当時のスペック

自分
32歳
ちょいぽちゃ
会社経営者

元妻
33歳
中肉中背
専業主婦

小梨

間男
28歳、独身
かなり男前
病院勤務

私と元妻が出会ったのは私が27歳のときで、3年付き合った末に結婚した。

離婚の原因は当初は性格の不一致ということになっていたが、
離婚協議中の元妻の態度がよそよそしいのが気にかかり、
興信所を雇ったら出るわ出るわ。

私は28のときに会社を設立し、会社の経営でそれなりに法律にも触れていたので
弁護士を付けずに離婚協議をしていた。
なので元妻は二人だけでの協議ということでナメていたんだと思う。

性格の不一致、というのも性格と言うよりは
金銭感覚の不一致が始まりだった。

私は会社を興す前の若いころそれなりに苦労したほうだと思う。
ブラックで毎日15時間労働で月に休みが3日程度しかなかったのに
給料は15万止まりで、自炊する時間なくて食費がかさみ、
家賃すら払えず大家に追い出されそうになった。

普通の人だったら、転職するだろうが、私はアホだったので
その考え方は当時はなく、なんとかお金を捻出しようと必死だった。
お金を捻出するとき、大多数の人は「節約」をしようとするんだと思うが、
私の考え方は違っていて「なんとかもっと稼ぐ」だった。

朝7時から夜10時まで仕事しても、
その後近所のコンビニで4時間ほどアルバイトした。
それでなんとかやっていけたが、でも仕事の後のアルバイトはやっぱりしんどく、
自分なりに考えて副業を始めた。

その副業が成功して今の会社まで成長している。

というように、私の考え方としては「節約」するくらいなら
なんとかもっと「稼ぐ」というもので、そこが元妻と合ってなかったんだと思う。

離婚当時住んでた家は私が元妻と結婚するために建てた戸建てで、
特に大きいわけでもなく、小さいわけでもない普通の家。

専業主婦をしてもらってたので、洗濯や掃除などは元妻に任せていた。
月に25万のお金を渡して、家に必要なものや
食費はそこから出すようにしてって二人で決めていた。

それとは別に10万を妻のお小遣いとして渡した。
食費など余っても自由に使っていいよと言った。
ちなみに私自分のお小遣いも10万円。
新婚当初は割りと普通で特に何もない。

が、新婚1年目ごろになると、元妻は将来子供が生まれたときのために貯金しようと言い出した。
私が経営している会社は年商数十億円で、私自身の年収も1000万だったので正直お金には困ってない。

でも、元妻も元妻なりに考えているんだなと思ったので、特に口出しはしなかった。
むしろ、なんてできた妻なんだろうと思っていた。自分は幸せ者だと思った。

でも、貯金をすると言い出した日から

シェアする

人気記事ランキング

no image
【鍵盤ハーモニカ・ブラザーズ】どうだ!スターウォーズ

このふたり、いろんな曲をこの楽器で演奏しています。 中でもこの「スター

no image
【レディー・ガガ初主演】映画『アリー/スター誕生』予告編

「スタア誕生」と言えば、おっちゃんおばちゃんには、 懐かしい響きがある

no image
【史上最年少、暗算段位九段】6歳の女の子は…

時々、おみかけする超脳力の幼い子供たち。 記憶力がずば抜けていたり、一

no image
【あっ!あの時のボールガールのお姉さんだ!】

ここでもご紹介したことのある プロ野球珍プレーの中の一場面…。 胸の大

no image
久しぶりだったせいもあり大量の精液が姉の体から流れ出たw

知り合いどころか妻の姉といい仲になっちゃいました。妻の姉は私の1つ年下

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑