【井上康生監督 男泣き 全階級メダルに感慨】 「選手を信じるだけだった」

*

【井上康生監督 男泣き 全階級メダルに感慨】 「選手を信じるだけだった」

沢久喜選手、100キロ超級での銀メダル。

インタビューにて井上康生監督が男泣き。

監督としても、前回ロンドンでの雪辱を為しえたとの実感が
こみ上げてきたのでしょう。

「ただ選手を信じるだけだった」
との言葉にこれまでの厳しい稽古に耐えてきた選手たちへの
ねぎらいが込められているように思います>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
【映画 サクラ花 桜花最期の特攻】予告編

最近、ご近所の国からの不本意な中傷などに対し、 わが国民からも勇ましい

no image
【めぞん一刻】管理人さん、今頃どこでどうしてる?

「めぞん一刻」は、アニメ、実写版映画などへと展開し、 結構、人気を博し

no image
私がイクまでイッちゃだめだよ・・

必然的にオレも妻に構いたくなるし、今日だって営業の最中、昼飯を食べに家

no image
【292kg 大露羅】土俵に上がるまでが大変でした。

ロシアから来日し、00年春場所で初土俵を踏んでから18年。 巨漢の大露

no image
【292kg 大露羅】土俵に上がるまでが大変でした。

ロシアから来日し、00年春場所で初土俵を踏んでから18年。 巨漢の大露

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑