文科省、組織的に“天下り”あっせんか

*

文科省、組織的に“天下り”あっせんか

律化されてから、
天下りのニュースは沈静化した感がありました。

しかし、やはりと言うべきか、
こっそりやってましたね。

末端若手の官僚は、かなり大変な思いをして、
歯を食いしばりながら、仕事している姿を多く知っています。

今回の関係する官僚たちにも、
入官した若かりし頃、世のため人のため
という社会正義が少しは胸に灯っていたはずです。

しかし、老いて馴れてスレて、
傲慢になった証しがこれでしょうか。

トップの事務次官は早速辞任を表明しましたが、
エライ手早いな。火の粉を恐れて、早々に敵前逃亡か。

天下りというアンフェアな行為を、
未だ隠然と行っているのは、
ここだけだとはとても思えません。

これを契機に、
官僚ムラ社会の掃除に、
再度、再々度、取り組んでいただければ、
ありがたいのですがね>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
初めて女性に勃起したチンポを見せたのですごく恥ずかしかった…

僕の母親は若いときから白やベージュなど地味な下着をつけていた。僕が母に

no image
童貞の僕は当然先を期待してしまう訳で…

コレは僕が大学1年生(19歳)の時に体験したことです。大学生になって初

no image
俺の射精が終わるまで一生懸命続けてくれた

初フェラの話です。俺は初エッチが遅くて、23歳の時だった。彼女も処女だ

no image
俺が乳首を舌で舐めまわすと母はいっそう強くしがみついてきた

自分たちはどこにでもいる、まったく普通の親子だった。あのときまでは。

no image
シックスナインをしていると先生が僕のチンポを握って母の口から奪いました

学校から帰ると母が、「6時からの初級クラスを裕子先生がやるんだけど、行

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑