【ピューマを救済】違法サーカスに20年間鎖で繋がれて

*

【ピューマを救済】違法サーカスに20年間鎖で繋がれて

ファサという名前のピューマは、
20年間鎖に繋がれ、ペルーの違法サーカス団の
トラックの荷台で飼育されていました。

20年もの間、サーカスで芸を強要され、
村から村へと連れ回されたムファサ。

その違法サーカス団が摘発されるとともに、
ムファサは動物保護団体によって、救出されました。

ムファサは長い間、適切な世話をされていなかったために、
身体は痩せこけていました。

獣医の診断を受けて、十分な食事と休養をとった
ムファサは、少しずつ元気になっていきます。

やがて、完全に鎖を解かれ、
保護区に開放される日がやってきました。

高齢のために、完全な自然に帰すことはできませんでしたが、
それに近い環境で過ごすことができるようになりました。

その時の動画をどうぞご覧ください>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
潮を噴いたからずぶ濡れになってましたw

三人のおばちゃんのうち「この人と何かエッチな事できないかな」と狙ってい

no image
同棲して毎晩のように強烈なセックスに酔いしれていた…

はじめまして、私は結婚生活1年になる、ごく普通の主婦です。一回り上の4

no image
【シンデレラ・エクスプレス】今も名残惜しい都会の夜

あの頃の「シンデレラ・エキスプレス」は、 遠距離恋愛のふたりが、日曜日

no image
旦那以外の精子を子宮に注ぎ込まれた瞬間だった・・

横浜の31歳独身です。一緒の職場で働いている千裕は40歳で少学生の子供

no image
彼女はもはや俺のなすがままに性の快楽に溺れていた

久しぶりに再会すると、イギリス人の彼女も俺のことを覚えていてくれた。俺

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑