【ピューマを救済】違法サーカスに20年間鎖で繋がれて

*

【ピューマを救済】違法サーカスに20年間鎖で繋がれて

ファサという名前のピューマは、
20年間鎖に繋がれ、ペルーの違法サーカス団の
トラックの荷台で飼育されていました。

20年もの間、サーカスで芸を強要され、
村から村へと連れ回されたムファサ。

その違法サーカス団が摘発されるとともに、
ムファサは動物保護団体によって、救出されました。

ムファサは長い間、適切な世話をされていなかったために、
身体は痩せこけていました。

獣医の診断を受けて、十分な食事と休養をとった
ムファサは、少しずつ元気になっていきます。

やがて、完全に鎖を解かれ、
保護区に開放される日がやってきました。

高齢のために、完全な自然に帰すことはできませんでしたが、
それに近い環境で過ごすことができるようになりました。

その時の動画をどうぞご覧ください>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
姉の姿を見ながら手でぺニスを扱きあげて……

地方から都内に出てきて、今は姉と二人暮らしをしている。姉っていっても、

no image
ワレメ沿いに舐めて舌がクリトリスに触れるとピクッと反応して・・・

俺が体調不良で会社を休んだ日、義母が食事の世話や看病をしてくれた。 義

no image
静寂の中…妻のアソコからいやらしい音がしました…

現在同居中の母親と5歳になったばかりの息子との4人暮らしの家に、海外事

no image
あたしの体で勝手にヤったでしょ?

連れの妹はかなりのヤンキーで、正直かかわり合いたくなかった。ただ、遠目

no image
【現場は戦場だということを球団は分からんのか!】星野仙一

さすがの星野さん。 現場の最前線を指揮するものは、 違うチームの指揮者

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑