大切な亡き妻の留守電メッセージが消失。そこで…

*

大切な亡き妻の留守電メッセージが消失。そこで…

語がよく聞き取れなくても、
この老人の喜びの感情はよく伝わってきます。

それを共有いただきたいと思います。

男性は、亡き妻の留守番電話を10年以上残していました。

メッセージが消えることを恐れ、電話会社も変えずにいました。

ところが、契約していた電話会社のアップグレードの時、
その大切なメッセージが消去してしまったのです。

連絡を受けた電話会社は、10人のエンジニアからなるチームを組み、
メッセージの復旧に取り組みました。

そして、それが叶ったのです。

一時は、二度と妻の声が戻ってこないとあきらめた男性。

復活した妻の声を聞いた瞬間に、男性の目から涙がこぼれ落ちます。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
潮を噴いたからずぶ濡れになってましたw

三人のおばちゃんのうち「この人と何かエッチな事できないかな」と狙ってい

no image
同棲して毎晩のように強烈なセックスに酔いしれていた…

はじめまして、私は結婚生活1年になる、ごく普通の主婦です。一回り上の4

no image
【シンデレラ・エクスプレス】今も名残惜しい都会の夜

あの頃の「シンデレラ・エキスプレス」は、 遠距離恋愛のふたりが、日曜日

no image
旦那以外の精子を子宮に注ぎ込まれた瞬間だった・・

横浜の31歳独身です。一緒の職場で働いている千裕は40歳で少学生の子供

no image
彼女はもはや俺のなすがままに性の快楽に溺れていた

久しぶりに再会すると、イギリス人の彼女も俺のことを覚えていてくれた。俺

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑