【ユーアー・マイ・サンシャイン】66年の夫婦の絆

*

【ユーアー・マイ・サンシャイン】66年の夫婦の絆

影者リンダさんの父は、骨折や血液の感染症、
それに心臓を患い、危険な状況で入院しています。

ベッドのそばには、66年連れ添った奥さん(リンダさんの母)が。

You are My Sunshine、アメリカの国民的ソングで、
どんな時もそばで相手を見守り、愛し続けることを誓う歌です。

見つめ合い、2人で口ずさんでいる姿に、
リンダさん本人も涙が出てきました。

長い年月が経っても、互いの愛を感じて生きている
二人の姿は幸せな愛の形を教えてくれます。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
私が部屋に行かなかったら妻は二人に襲われていたかもしれません…

私の妻が友人の結婚式に行った時の話。受付を頼まれたと言っていたが、着替

no image
【映画・少年時代】予告編

戦前の少年たちが、ぶつかり合い、 またそこから友情を温めあいながら 成

no image
奥さんを四つん這いにさせ最後の1人が後ろからガンガン腰を振っていました…

先月とある変態夫婦が主催するオフ会に行ってきました。この夫婦は、時々ネ

no image
もっと…もっとスケベなこと言ってえ〜

「あぁ…お客さん、早く入れてぇ〜子種を、子種を出してぇ〜」女将は自ら太

no image
病院でピルをもらってきたからたくさん中に出して・・

俺は前の会社から独立した形で、基本的には自宅のマンションの一室を仕事場

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑