【英語の落語家】桂 三輝(サンシャイン)がタメになる

*

【英語の落語家】桂 三輝(サンシャイン)がタメになる

し英語を覚えている人には、
皮肉を込めたギャグにニヤリとします。
【例】punishment→「罰」ですね。

お国によって文化が違ってて、
日本は何かと時間が長くかかることも皮肉っています。

YouTubeで、日本語を勉強している英語圏の子供から、
こんなコメントが届いています。

「僕の日本語の先生は授業にそのビデオを
 みんなに見せてくれました。
 サンシャイン先生は本当に偉い人だと思います。凄い!
 ビデオを作ってくれてありがとうございます!」

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
私が部屋に行かなかったら妻は二人に襲われていたかもしれません…

私の妻が友人の結婚式に行った時の話。受付を頼まれたと言っていたが、着替

no image
【映画・少年時代】予告編

戦前の少年たちが、ぶつかり合い、 またそこから友情を温めあいながら 成

no image
奥さんを四つん這いにさせ最後の1人が後ろからガンガン腰を振っていました…

先月とある変態夫婦が主催するオフ会に行ってきました。この夫婦は、時々ネ

no image
もっと…もっとスケベなこと言ってえ〜

「あぁ…お客さん、早く入れてぇ〜子種を、子種を出してぇ〜」女将は自ら太

no image
病院でピルをもらってきたからたくさん中に出して・・

俺は前の会社から独立した形で、基本的には自宅のマンションの一室を仕事場

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑