【英語の落語家】桂 三輝(サンシャイン)がタメになる

*

【英語の落語家】桂 三輝(サンシャイン)がタメになる

し英語を覚えている人には、
皮肉を込めたギャグにニヤリとします。
【例】punishment→「罰」ですね。

お国によって文化が違ってて、
日本は何かと時間が長くかかることも皮肉っています。

YouTubeで、日本語を勉強している英語圏の子供から、
こんなコメントが届いています。

「僕の日本語の先生は授業にそのビデオを
 みんなに見せてくれました。
 サンシャイン先生は本当に偉い人だと思います。凄い!
 ビデオを作ってくれてありがとうございます!」

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑