【全力プレーの松本哲也(巨人引退)】育成の星でした

*

【全力プレーの松本哲也(巨人引退)】育成の星でした

人松本哲也外野手(33)が、
現役引退を決意しました。

守備範囲の広さと故障をも恐れぬ
ガッツあふれるプレーで、投手陣から信頼が厚かったのでした。

「マツのところに飛べば大丈夫」が共通認識で、
決死のダイビングキャッチで何度もピンチを救いました。

育成選手上がりとして、下積みから這い上がった苦労を、
皆から評価されました。

「育成選手」とは、ドラフトで採用されるのが本線だとすると、
副線として、各球団に所属しながら
訓練を受ける裾野の選手たちのことです。

そこから「支配下登録選手」に採用されたら、
二軍選手としてプレーをすることが多くなります。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
おまんこ掻き回してその大きなちんぽしゃぶらせてお願い..

仕事が予定以上にはかどり何時もより早めに帰宅した日の事です。玄関に入る

no image
先生にオナニーをしてもらっている快感が体を駆け巡った

僕の高2の冬。美鈴先生と関係を持ってしまいました。美鈴先生は30代半ば

no image
イラマチオは裸にもならないし罪悪感はないらしい…

隣の奥さんは子供が同じクラスと言う事もあり、仲良くなりよく立ち話をして

no image
私にとっては忘れることのできない童貞喪失でした

高1の夏に、隣に新婚の夫婦が引っ越してきました。旦那は30前の眼鏡をか

no image
【出た!ベンジャミン伊東】電線音頭 by電線マン

四畳半の部屋にこたつがあれば、 子供たちは、自然にこたつに乗っかり、

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑