【全力プレーの松本哲也(巨人引退)】育成の星でした

*

【全力プレーの松本哲也(巨人引退)】育成の星でした

人松本哲也外野手(33)が、
現役引退を決意しました。

守備範囲の広さと故障をも恐れぬ
ガッツあふれるプレーで、投手陣から信頼が厚かったのでした。

「マツのところに飛べば大丈夫」が共通認識で、
決死のダイビングキャッチで何度もピンチを救いました。

育成選手上がりとして、下積みから這い上がった苦労を、
皆から評価されました。

「育成選手」とは、ドラフトで採用されるのが本線だとすると、
副線として、各球団に所属しながら
訓練を受ける裾野の選手たちのことです。

そこから「支配下登録選手」に採用されたら、
二軍選手としてプレーをすることが多くなります。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
【サントリー・オールドCM】父と娘の微妙な距離感

たとえば、こんなキレイな娘がいてですね。 そして、このCMのように互い

no image
【登美丘高校ダンス部】T.M.Revolutionの「HOT LIMIT」を踊る

ユニークな衣装とキレッキレの動きが魅力的な同ダンス部。 今回新たに公開

no image
下も太もも丸見えでパンティーが見えるくらいはだけていました…

会社の慰安旅行での話です。当時私が働いていた会社は小さな会社はおじさん

no image
【ノーベル賞受賞の本庶佑先生】威風堂々、和装で式に

ノーベル賞の授賞式が行われ、京都大学の本庶佑特別教授が 生理学医学賞を

no image
【エサ以外なにも見えない】食べることに一点集中

目の前のエサが逃げるんじゃないか。 もう矢も楯もたまらず、 足をばたつ

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑