【チンパンジーの涙】死の間際、魔法のような出来事が

*

【チンパンジーの涙】死の間際、魔法のような出来事が

59歳のMamaは、動物園のボスでした。

しかし、チンパンジーの平均寿命は50歳。

彼女は弱りきってしまい、飲食すら拒むようになっていました。

そんな時、45年来の旧友、
ヤン教授が彼女のもとを訪ねました。

彼女は最初ヤン教授とは気づきませんでした。

それが彼だと気づくと、
彼女は最大級の笑みで再会を喜びました。

そして拒んでいた食事さえ
摂ることができるようになったのです。

それはまるで魔法がかかったようでした。

この1週間後、Mamaは天国へ旅立ちました。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
童貞の僕は当然先を期待してしまう訳で…

コレは僕が大学1年生(19歳)の時に体験したことです。大学生になって初

no image
俺の射精が終わるまで一生懸命続けてくれた

初フェラの話です。俺は初エッチが遅くて、23歳の時だった。彼女も処女だ

no image
俺が乳首を舌で舐めまわすと母はいっそう強くしがみついてきた

自分たちはどこにでもいる、まったく普通の親子だった。あのときまでは。

no image
シックスナインをしていると先生が僕のチンポを握って母の口から奪いました

学校から帰ると母が、「6時からの初級クラスを裕子先生がやるんだけど、行

no image
口の中でとろけるかと思いながら二回目の射精をしましたw

ブラック企業に勤めています。幼なじみの美咲さんも、同じブラック企業に一

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑