【1992バルセロナ五輪・男子400m 名場面】レドモンド父子のゴール

*

【1992バルセロナ五輪・男子400m 名場面】レドモンド父子のゴール

勝候補の一角と目されながら試合中に不運の負傷、
しかし諦めずに片脚で完走を目指すデレク・レドモンド選手。 

絶望と苦痛の中でも試合を投げない息子を、
独りのままに見過ごせなかった父親のジム・レドモンド。

父親は、息子に「もういい、お前はよくやった!」
と支えました。

競技では、レドモンドは失格になりましたが、
観客の大きな共感が大声援となって
競技場に湧きあがりました。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
お願い、おまんこも触ってください・・

37歳、子有り。旦那は3つ上。相手はたぶん旦那と同じくらい。最初は軽い

no image
潮を噴いたからずぶ濡れになってましたw

三人のおばちゃんのうち「この人と何かエッチな事できないかな」と狙ってい

no image
同棲して毎晩のように強烈なセックスに酔いしれていた…

はじめまして、私は結婚生活1年になる、ごく普通の主婦です。一回り上の4

no image
【シンデレラ・エクスプレス】今も名残惜しい都会の夜

あの頃の「シンデレラ・エキスプレス」は、 遠距離恋愛のふたりが、日曜日

no image
旦那以外の精子を子宮に注ぎ込まれた瞬間だった・・

横浜の31歳独身です。一緒の職場で働いている千裕は40歳で少学生の子供

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑