【義手でバイオリンを】しかも彼女は看護師でアスリート

*

【義手でバイオリンを】しかも彼女は看護師でアスリート

い頃から水泳やバイオリンが好きだった伊藤真波さん。

20歳の時に交通事故に遭い右腕を切断しました。

しかし伊藤さんは挫けず、夢だった看護師になるために復学し、
「日本初の義手の看護師」として知られるようになりました。

そして、水泳も再開し、22歳で北京パラリンピックに出場。
100メートル平泳ぎで見事4位に入賞しました。

人に勇気を与える生き方をする伊藤さん、
まずはその素晴らしい演奏をお聞きください。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
潮を噴いたからずぶ濡れになってましたw

三人のおばちゃんのうち「この人と何かエッチな事できないかな」と狙ってい

no image
同棲して毎晩のように強烈なセックスに酔いしれていた…

はじめまして、私は結婚生活1年になる、ごく普通の主婦です。一回り上の4

no image
【シンデレラ・エクスプレス】今も名残惜しい都会の夜

あの頃の「シンデレラ・エキスプレス」は、 遠距離恋愛のふたりが、日曜日

no image
旦那以外の精子を子宮に注ぎ込まれた瞬間だった・・

横浜の31歳独身です。一緒の職場で働いている千裕は40歳で少学生の子供

no image
彼女はもはや俺のなすがままに性の快楽に溺れていた

久しぶりに再会すると、イギリス人の彼女も俺のことを覚えていてくれた。俺

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑