【農業アイドル“パワハラ苦”で自殺か】遺族が訴訟へ

*

【農業アイドル“パワハラ苦”で自殺か】遺族が訴訟へ

イドルグループのメンバーが自殺したのは
所属事務所のパワハラなどが原因だったとして、
11日に遺族が約9200万円を求めて
訴訟を起こすことを明らかにしました。
 
今年3月、16歳という若さで自ら命を絶った大本萌景さん。

愛媛県を拠点とするアイドルグループのリーダー的存在で、
地元の農産物を紹介する「農業アイドル」として
精力的に活動していました。

この笑顔の裏で一体何が起きていたのか。

萌景さんの遺族と弁護士が会見を開きました。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
いずれアナルもしてみようと思ってますw

飲んだ勢いで同級生の人妻の寿子(37歳)とエッチした。人妻と言っても家

no image
おばさん、そんなに触られると、で、でちゃう・・・

自分の家の隣に美魔女なおばさんが一人で住んでいる。噂では40歳前後らし

no image
母に肉棒を触ってもらったのはこれ一回きりだ

おれが中学一年のとき家が改築され、やっと我が家にも風呂ができた。その風

no image
長くてカチカチ大好き…

これはいまから23年前の話である…『ねえ…どうしよう…トイレに行きたく

no image
何で?何で?深いよ~ああ~っ!

たしか二年前くらいの話だが、当時おれは関東地方の某病院に勤めていた(今

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑