【プロ野球】日本シリーズ、広島2勝 ~解説の鈴木尚広さんの視点にうなります~

*

【プロ野球】日本シリーズ、広島2勝 ~解説の鈴木尚広さんの視点にうなります~

本シリーズは、広島カープが本拠地で2勝を獲りました。

第2戦のポイントは?と聞かれたら、
多くの人が6回の田中選手バックホームのクロスプレーを
挙げることでしょう。

確かにここから流れが変わりました。
動画では2分30秒あたりの場面です。

しかし、解説の鈴木尚広さんは、ここではなく、
この場面を引き出した菊池選手のバスターを挙げました。

6回、2塁打の田中選手が塁上に。
ノーアウト。打順は菊池選手。

当然、ここではバンドで田中を3塁に進めるのがセオリーです。

器用な菊池ならば、まず第一球でバントを決めるだろう。

解説の鈴木さんはそう言いました。

ところがストライクを見送って「バント失敗」。
そしてしばらくは、バントの素振りをしながら、
結果、ヒッティングに切り替えて田中をホームに運びました。

解説鈴木さんの見解は、一球目「バント失敗」の悔しい素振りは、
これをやるためのかけひきだったのではないかと。

こんな視点は(当たってるかどうかはともかく)
ファンにとって野球を面白く見させるポイントだと思います。

特に菊池が、2回には珍しくエラーをしていますから、
人間心理的に、何とかリカバリーを果たしたい、
そんな気持も働いているんじゃないかと。

そう思えばすごく合点がいきます。

鈴木尚広さんは、これまでの現役生活でも
いぶし銀的な働きをしてきました。

語りにまだ不器用さはあるものの、
これに限らず、野球の見方において、
いぶし銀的すごい説得材料を持ってるな、
と感服しました。

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
私が部屋に行かなかったら妻は二人に襲われていたかもしれません…

私の妻が友人の結婚式に行った時の話。受付を頼まれたと言っていたが、着替

no image
【映画・少年時代】予告編

戦前の少年たちが、ぶつかり合い、 またそこから友情を温めあいながら 成

no image
奥さんを四つん這いにさせ最後の1人が後ろからガンガン腰を振っていました…

先月とある変態夫婦が主催するオフ会に行ってきました。この夫婦は、時々ネ

no image
もっと…もっとスケベなこと言ってえ〜

「あぁ…お客さん、早く入れてぇ〜子種を、子種を出してぇ〜」女将は自ら太

no image
病院でピルをもらってきたからたくさん中に出して・・

俺は前の会社から独立した形で、基本的には自宅のマンションの一室を仕事場

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑