【堺・直次郎】口も包丁も切れ味よしの口上売り

*

【堺・直次郎】口も包丁も切れ味よしの口上売り

上売り」…よく啖呵売(たんかばい)とも呼ばれます。

昔懐かしい露店で、寅さんみたいな口八丁のおっちゃんが、
よく活躍してました。

おっちゃんの口から放たれる言葉が、
まるで夢のような世界観を描き出し、
坊主頭、おかっぱ頭の少年・少女は、
その世界にずるずると引き込まれたものです。

家に取って返し、母ちゃんから10円玉を奪い取って、
露店に戻ると、おっちゃんはもう店じまい。

風のように消え去り、あの世界はやはり夢だったのか、
と泣きぬれた思い出があります。

動画のおっちゃん、
直次郎さんです。動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
イラマチオは裸にもならないし罪悪感はないらしい…

隣の奥さんは子供が同じクラスと言う事もあり、仲良くなりよく立ち話をして

no image
私にとっては忘れることのできない童貞喪失でした

高1の夏に、隣に新婚の夫婦が引っ越してきました。旦那は30前の眼鏡をか

no image
【出た!ベンジャミン伊東】電線音頭 by電線マン

四畳半の部屋にこたつがあれば、 子供たちは、自然にこたつに乗っかり、

no image
【マサ斎藤、最後のリング】会場は”立て!””当たって砕けろ!”と…

マサ斎藤というヒール(悪役)担当のレスラーがいました。 プロレス戦国時

no image
突然先生の唇が私の唇に重なりあってきたのです…

高一です。私は女教師の由美子先生にレズに目覚めさせられました。私はエッ

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑