【堺・直次郎】口も包丁も切れ味よしの口上売り

*

【堺・直次郎】口も包丁も切れ味よしの口上売り

上売り」…よく啖呵売(たんかばい)とも呼ばれます。

昔懐かしい露店で、寅さんみたいな口八丁のおっちゃんが、
よく活躍してました。

おっちゃんの口から放たれる言葉が、
まるで夢のような世界観を描き出し、
坊主頭、おかっぱ頭の少年・少女は、
その世界にずるずると引き込まれたものです。

家に取って返し、母ちゃんから10円玉を奪い取って、
露店に戻ると、おっちゃんはもう店じまい。

風のように消え去り、あの世界はやはり夢だったのか、
と泣きぬれた思い出があります。

動画のおっちゃん、
直次郎さんです。動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

シェアする

人気記事ランキング

no image
【映画 サクラ花 桜花最期の特攻】予告編

最近、ご近所の国からの不本意な中傷などに対し、 わが国民からも勇ましい

no image
【めぞん一刻】管理人さん、今頃どこでどうしてる?

「めぞん一刻」は、アニメ、実写版映画などへと展開し、 結構、人気を博し

no image
私がイクまでイッちゃだめだよ・・

必然的にオレも妻に構いたくなるし、今日だって営業の最中、昼飯を食べに家

no image
【292kg 大露羅】土俵に上がるまでが大変でした。

ロシアから来日し、00年春場所で初土俵を踏んでから18年。 巨漢の大露

no image
【292kg 大露羅】土俵に上がるまでが大変でした。

ロシアから来日し、00年春場所で初土俵を踏んでから18年。 巨漢の大露

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑