大パニックのとき、二人の宣教師は落ち着いて…

*

大パニックのとき、二人の宣教師は落ち着いて…

c077
1954年9月26日、青函連絡船「洞爺丸」が、
津軽海峡上で座礁転覆。

1155人の死者・行方不明者を出す大惨事になってしまいました。

これは日本海難史上最悪の事故といわれています。

その中には、米人リーパーとカナダ人・ストーンという名の、
二人の宣教師が含まれています。

船が座礁転覆する前、船内放送で
救命胴衣の着用指令が出されていました。

船内は慌てふためく乗客、
泣き騒ぐ子どもたちで、パニック状態に陥りました。

そのような中、せめて子どもたちを落ち着かせようと、
リーパーさんは、手品などで気をそらせる心遣いをしました。

ストーンさんも周りの子どもたちをあやすのに懸命でした。

この二人は、結局この事故の犠牲となり、
命を落とすことになりました。

ただ、生存した乗客たちの証言から、二人が、
ギリギリまで救命行為をしていたことがわかったのです>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

教師リーパーさんは、
救命胴衣の紐が切れて泣いている少女を見つけます。

リーパーさんは、迷うことなく自分の救命胴衣を外し、
「私よりあなたのほうが若いから」と、
その少女に着せてあげました。

またストーンさんは、救命胴衣の行き渡らなかった青年に、
胴衣を譲りました。

その結果、少女と青年は無事に生還し、
リーパーさんとストーンさんは帰らぬ人となりました。

来日したストーンさんの息子の話によれば、
ストーンさんはまったく泳げなかったといいます。

そして、自分の命を顧みず、青年を救った父のことを
誇りに思うと語っていたそうです。

ちなみに、この事故をきっかけとして、
本州と北海道を地続きにする「青函トンネル」構想が
急速に具体化されることになったのです。

シェアする

人気記事ランキング

no image
【未成年の主張】「僕は謝りたいことがある!」

この少年は、勇気を奮い出し、 みんなの見ている前で、自分の過ちを発表し

no image
【ネズミ捕り@ドラレコ】いっけね。やられちゃった!

広々とした自動車道路。 走行中に対向車がパッシングして、教えてくれまし

no image
【異様な映画館】悪そうなやつばかりが陣取って

カップルで映画館に入りました。 ホールに入ったら、 何と、タトゥー入れ

no image
【皇后さま84歳の誕生日】「祈り続けていきたい」

皇后さまは20日、84歳の誕生日を迎えられました。 誕生日にあたり、皇

no image
【ボウリング場で客と店員が大乱闘】球を頭に投げつけ

ボウリング場で客の男が大暴れ。 店員に向けて球を投げ付けるなどやりたい

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑