スカイダイビング中に「パラシュートが開かない!」

*

スカイダイビング中に「パラシュートが開かない!」

027
えたくもないことですが、
もしもスカイダイビング中に
パラシュートが開かなかったら、どうなるでしょうか。

アメリカでそんなまさかのアクシデントが、
スカイダイビング初体験のシャーリー・ダイガートさん
(当時54歳)を襲いました。

一緒に飛んだインストラクターはデイブ・ハートソックさん。

2人が飛んだのは2009年のことでした。

かねてからスカイダイビングをしたかったシャーリーさんは、
自分の誕生日のご褒美にと、
タンデムジャンプ(1つのパラシュートに2人をくくりつけて飛ぶ)
を申し込みました。

インストラクターのデイブ・ハートソックさんは、
いつもしているように飛行機から飛び降りました。

初めての落下をシャーリーさんは楽しんでいたのですが、
パラシュートを開くためのコードをデイブさんが引っ張っると、
正常に開かないというアクシデントに見舞われます。

恐ろしい勢いで回りながら地上へと落ちていく2人。

デイブさんは、パラシュートを放出するためのコードが、
2人の体の間にはさまっていることに気づきました。

しかしスピンしながら落下している状況では、
どうしてもコードに手は届きません。

2人の体がぴったりと密着していることから、
デイブさんは全く身動きがとれなくなってしまったのです。

シャーリーさんが何が起きているかを尋ねると、
デイブさんは「とても大きな問題を抱えている」と伝えました。

デイブさんに残された選択はたった1つで、
予備のパラシュートを開けることでした。

ところが予備を広げたとたんに、
最初のパラシュートにもつれてしまい、
2人はさらにスピンしながら落下し続けたのです。

「もう終わりだと思いました。
 こうやって自分は死ぬのだと思いました」
と振り返るシャーリーさん。

地上までわずか500フィート(約150m)というところで、
デイブさんは「ある決断」を下しました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

027_1

ャーリーさんに足を上げるように指示すると、
2人の位置が入れ替わり、デイブさんが下になりました。

デイブさんがシャーリーさんのクッションになるためです。

そして地面に衝突。

デイブさんは一命を取りとめたものの……

右腕が少し動くことを除くと、首から下は麻痺しました。

そのときのことをデイブさんは、こう語っています。

「ヒーロー的な行為だと人に言われたが、
 そのときの安全に関しての責任は完全に自分にあり、
 それが一番正しい行いだったと思っている。
 他にどんな選択があったと言うんだい」

その後も、気持ちを明るく持っていたというデイブさん。

シャーリーさんが入院中の彼に感謝を伝え、
元気づけようとお見舞いに行くと……

むしろデイブさんが彼女を笑わせ、
またスカイダイビングをしようと提案してきたそうです。

「僕たちは事故プルーフだ。
 だって2度もそんな事故に遭う人はいないからね」
とデイブさん。

シャーリーさんはデイブさんのおかげで
孫の成長も見ることができる、と感謝の気持ちを伝えています。

責任ある立場とはいえ、
自分の命を投げ出すデイブさんのプロフェッショナルな行動に対し、
海外サイトでは多くの人が素晴らしいと称賛していました。

出典元サイト:http://labaq.com/archives/51851299.html

シェアする

人気記事ランキング

no image
【ああ…最終電車】本日もお疲れ様でした。

この駅発の本日最終電車のようです。 東京でのサラリーマン生活を思い出し

no image
【飛行中のとんでもアクシデント】片翼もげた飛行機

アクロバット飛行中でのアクシデントです。 なんと片翼がもげてしまいまし

no image
【ヨガ犬】あなたほんとに犬ですか?

頭がいいのでよく知られているボーダーコリー。 ここまで相手の運動をコピ

no image
【ブガッティ・ビジョン・グランツーリスモ】ん?カメレオン?

ボディの色がどんどん変わっていく 「ブガッティ・ビジョン・グランツーリ

no image
【身近にできる被災地支援は?】いろいろな方法を紹介

身近にできる被災地支援で 都内のアンテナショップに足を運ぶ人が今、増え

→もっと見る

CLOSE
CLOSE
PAGE TOP ↑